• SPECIAL EVENT 2018

RIDERS MEET PIANIST

更なる高みを目指し、響きあう感性

世界最高峰のバイクレースで0.001秒を競うライダー。音のひとつにも魂を込め、究極の音楽表現を追求するアーティスト。

世界から「一流」と称される彼らでも、ここに至るまでの道のりは決して平坦なものではなかったはずです。

それでも自身の限界に挑む鍛錬を続け、感性を磨き上げる中で一歩一歩成長していく。

その積み重ねが、私たちの期待を超えるパフォーマンスを、そして感動を創り出す原動力なのかもしれません。

ヤマハ・ヤマハ発動機は、自身の成長のために、感性を磨く努力を続ける全ての人を応援したい、という思いで今回のイベントを企画しました。

ヤマハ、ヤマハ発動機両社による、ピアニストとライダーの感性が融合するイベント『Two Yamahas, One Passion ―RIDERS MEET PIANIST―』が10月17日、東京・銀座のヤマハホールで開催されました。
両社はお客様とともに「感動を創り出す」という共通の信念のもと、 同じ”Yamaha”ブランドを使用する企業同士として共同でブランド価値向上を目指した取り組みを続けてきました。本イベントはその一環で開催されたものです。
当日は、世界的に活躍するピアニスト、フランチェスコ・トリスターノと、世界ロードレース選手権(MotoGP)などに参戦するライダー、バレンティーノ・ロッシ、マーベリック・ビニャーレス、ヨハン・ザルコ、ハフィス・シャーリン、中須賀克行が登壇しました。会場には、多くの報道関係者様と、バイク、楽器の愛好者様も多数来場しました。以下、イベントレポートをお届けします。

EVENT DATE

ピアノ×バイク!? Yamahaだからできる異色のコラボレーション

日時:2018年10月17日(水)

場所:ヤマハ銀座ビル「ヤマハホール」https://www.yamahaginza.com/

<出演ゲスト>
フランチェスコ・トリスターノ、バレンティーノ・ロッシ
マーベリック・ビニャーレス、ヨハン・ザルコ、ハフィス・シャーリン、中須賀 克行

コンサートグランドピアノCFXとロッシとビニャーレスの愛機YZR-M1

ステージ上では、コンサートグランドピアノCFXとロッシとビニャーレスの愛機YZR-M1を展示

「感動」とは

「感動」について語るバレンティーノ・ロッシ

まず、5名のライダーがステージに登場。笑顔を交えながら、会場の皆様に一言ずつ挨拶を行い、着席しました。続いてライダー、観客の拍手に迎えられて、トリスターノがにこやかな表情で登場。ライダー1人1人と笑顔で握手を交わしました。
司会から、このイベントのテーマである感動という言葉を知っているか尋ねられたライダー達とトリスターノ。大きくうなずいたロッシは「ヤマハがいつも使う言葉だよね。何かに深く心を動かされること、喜びを感じることでもあるよね」と笑顔で答えます。
トリスターノも「感動とは音楽家、観客、楽器の関係性から生まれるものだと思う。楽器がなければ僕たちは自分たちの音楽を表現することが出来ないし、観客がいなければパフォーマンスする意味がない。楽器や観客からの反応を感じ取ることが大切だと思っている」、マレーシア初のMotoGPライダーであるシャーリンも、「ここまでの道のりは長かったから毎回気持ちを込めてレースに臨んでいる。フランチェスコが言ったとおり、観客の応援は力になっているよ」と語りました。

MotoGPライダーとして20年以上、第一線で活躍するロッシ。真の感動はどこから来るのかと聞かれ、イタリア語で力強く語りました。
「仕事、情熱の対象を実現しようとすること、それに向かって自分の全てを注いで頑張ることが感動を生むと思う。それは、ファン、レースを愛する人にはすぐにわかるものだよ。感動を伝えたいと思ったら、それが最高の方法だね」

トリスターノによる楽曲「Time Grid」の世界初披露

フランチェスコ・トリスターノによる楽曲「Time Grid」の世界初披露

続いて、トリスターノが今年8月5日にブルノサーキットで開催されたチェコGPを訪れた際にインスピレーションを得て作曲した楽曲「Time Grid(タイム・グリッド)」が世界で初めて披露されました。
トリスターノは、チェコGPを訪れた経験について、「素晴らしい体験だった。ライダーがレースの前に準備をしている様子、それを支えるチームワークに、僕たちミュージシャンと近いものを感じた。まるで僕たちが演奏前に、楽屋で意識を集中するときと同じような緊張感がみなぎっていた。本番に向けて、気持ちを整えているのが伝わってきたよ」と語り、ライダー、観客が見守る中、グランドピアノ、シンセサイザー、キーボードで、時には立ち上がり、熱のこもった演奏を披露しました。
ステージ上方のスクリーンでは、演奏とともに、レースで熱戦を繰り広げるライダーの走行シーンが映し出され、観客は音楽とMotoGPのコラボレーションを楽しみました。

演奏後、ひときわ大きな拍手が起こり、その拍手はトリスターノが立ち上がり挨拶をした後もしばらく鳴り止みませんでした。演奏後、感想を聴かれたトリスターノは「ヤマハが素晴らしいのは、ピアノだけでなく、シンセサイザーの演奏も楽しめるということ。とてもユニークだよね。今日はそんな風に演奏できて楽しかった」と笑顔で語りました。
演奏を聴いてビニャーレスは「とても気に入ったよ。最初は、緊張感あふれるグリッドの様子、その後レースが始まった情景が浮かんだ。まるで実際にレースをしているときのように感じた」と語り、ロッシは、「とてもいい曲だね。グリッドについているときは、まるで嵐の前の静けさのように張り詰めた気持ちで、周りの音は全く聞こえないんだ」と語りました。

ザルコが語るレースとピアノ

ピアノを演奏するヨハン・ザルコ

14,15歳のときにピアノを弾いていたというザルコ。一時、ピアノから離れていた時期があったものの、また数年前から趣味としてピアノ演奏を再開し、友人達と一緒に楽しんでいるそうです。
司会から演奏を促されたザルコは、「トリスターノの後に演奏なんて、難しいよ」としきりに照れ笑いを浮かべていましたが、会場からの拍手に後押しされてピアノの前に座りました。「Moto2にいた頃には弾けなかったけど、より早いスピードで勝負するMotoGPに参戦するようになってから弾けるようになったフランスの曲を演奏します」と話し、静かに演奏を始めました。

丁寧に、気持ちをこめて演奏するザルコ。トリスターノはザルコの方に体を向け目を閉じて聴き入り、ロッシは笑顔でザルコが演奏する様子をじっと見つめています。演奏し終わってほっとしたような笑顔を見せるザルコ。観客から温かい拍手が起こりました。

ライダー、ピアニストにとってのインストルメント

最後に、ライダー、ピアニストとしての自身にとって、それぞれバイク、楽器はどんな存在なのか、と聞かれたロッシとトリスターノ。顔を見合わせて笑顔でうなずきあい、それぞれの思いを語りました。
ロッシが、「ライダーも、ピアニストも同じだよ。バイク、楽器と特別な関係を築こうと努力するんだ。僕はいつも、バイクはただの鉄の塊ではなく、魂が宿っていると思っている。バイクに乗っているときは、まるで我が家にいるように感じる。自分の100%をバイクに注ぎ込み、実力を最大限に発揮することを大切にしているんだ」と語れば、トリスターノも、「全く同感だよ。僕は楽器を自身の分身のように感じている。100%安心し、信頼しているんだ。僕がこのピアノに出会ったとき、これこそが求めていた究極のピアノだと感じた。もし今後、新しいモデルが生まれても、きっとこの魂は受け継がれていくと思う」と語りました。

ライダーとピアニストという一見異なるジャンルでも、感性を磨き自身を高めていくという点は共通するということが感じられるイベントとなりました。

ダイジェスト動画
Pianist

ジャンルを超えた音楽表現で
世界を魅了する「感性」

Francesco Tristano(フランチェスコ・トリスターノ)

ルクセンブルク出身。1981年生まれ。クラシックからジャズ、テクノ、コンテンポラリー、自作曲まで幅広く演奏し、世界中で高い評価を得ているピアニスト。2004年、フランスのオルレアンで開催された20世紀音楽国際ピアノコンクールで優勝。

Francesco Tristano

Riders

Valentino Rossi, Maverick Viñales, Johann Zarco, Hafizh Syahrin, 中須賀 克行

0.001秒を競う世界最高峰のレースで
研ぎ澄まされた「感性」

Valentino Rossi(バレンティーノ・ロッシ)

イタリア出身。1979年生まれ。Movistar Yamaha MotoGP所属。ロードレース世界選手権で9度の世界チャンピオンを獲得してきたレジェンド。

Maverick Viñales(マーベリック・ビニャーレス)

スペイン出身。1995年生まれ。Movistar Yamaha MotoGP所属。昨シーズン、MotoGPクラスで自己最高ランキングとなる3位を獲得。

Johann Zarco(ヨハン・ザルコ)

フランス出身。1990年生まれ。Monster Yamaha Tech3所属。昨年、MotoGPで3度の表彰台を獲得してランキング6位となり、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

Hafizh Syahrin(ハフィス・シャーリン)

マレーシア出身。1994年生まれ。Monster Yamaha Tech3所属。Moto2からステップアップして、マレーシア出身ライダーとして初のMotoGP参戦を果たした。

Nakasuga Katsuyuki(中須賀 克行)

福岡県出身。1981年生まれ。YAMAHA FACTORY RACING TEAM所属。国内最高峰となる全日本ロードレース選手権・JSB1000で5連覇・通算7度のチャンピオンを獲得。

“Two Yamahas, One Passion”
ヤマハとヤマハ発動機との合同ブランド活動

ヤマハとヤマハ発動機は楽器・オーディオ製品などのヤマハ、バイク・マリン製品などのヤマハ発動機と、二つの異なる企業ながら、お客様とともに「感動を創り出す」という共通の信念のもと、卓越した感性と期待を超えるパフォーマンスで私たちを感動させてくれるアーティストやアスリートをサポートする楽器やマシンを製造してきました。両社は同じ“Yamaha”ブランドを使用する企業同士として「Two Yamahas, One Passion」をテーマに共同でブランド価値向上を目指した取り組みを続けています。

Yamaha Day

Yamaha Day

2018年から、ヤマハ(10月12日)、ヤマハ発動機(7月1日)の設立記念日をYamaha Dayとし、その前後で様々な活動を行っています。

企画展示「Two Yamahas, One Passion -For Excellent Performance-」

企画展示「Two Yamahas, One Passion -For Excellent Performance-」